植物状態(遷延性意識障害)

意識不明交通事故被害に遭い、頭を強く打ち付けることによって、遷延性意識障害と呼ばれる障害を引き起こすこともあります。遷延性意識障害という言葉だけ聞くとよ く分からないとお思いになられる方も少なくないと思いますが、遷延性意識障害とは、一般的には『植物状態』と呼ばれる症状のことをいいます。

日本脳神経外科学会の発表によると、下記の6つの条件に当てはまる状態が3ヶ月以上継続して見られた場合、『遷延性意識障害者(せんえんせいいしきしょうがい)』に該当すると言われます。

 

遷延性意識障害の定義

①自力移動ができない。
②自力摂食ができない。
③屎尿失禁をしてしまう。
④眼球はかろうじて物を追うこともあるが、認識はできない。
⑤「目を開け」「手を握れ」などの簡単な命令は応ずることもあるが、それ以上の意志の疎通はできない。
⑥声を出しても意味のある発語ができない。
常に介護を要する遷延性意識障害の場合は、適正な等級として第1級の等級が認定されると、自賠責保険会社からは、4,000万円を上限として、最低限の生活の補償として保険金が支払われることになります(自賠責保険から保険金を受領したあとは相手方に賠償金を請求していきます)。

 

等級認定のポイント

遷延性意識障害で適正な等級を得るためには、例えば、高次CT画像やMRI画像、また、医師が診察して作成した後遺障害診断書などの適切な資料を用意しなければ、適正な後遺障害の等級認定がされない場合があります。

遷延性意識障害に該当する方は常時介護が必要な方ばかりですので、ご家族の方の御負担は相当なものがありますが、弁護士が後遺障害認定のために必要な書面 の作成をサポートさせて頂くことによって、ご家族の方の負担を軽減したうえで、適切な等級を認定してもらうことができます。

また、遷延性意識障害に該当する方は、常時介護が必要ですので、後遺障害等級認定後や示談後の生活の補償が大変重要になってきます。

 

(当事務所では、後遺障害等級認定後や示談後を見据えてご家族の方のサポートを行っております)
 

弁護士

具体的サポート
➀一般的に治療費は症状固定日までしか支払われないと言われているため、症状固定後も継続して治療費を払ってもらうように事前に保険会社と交渉する
⓶在宅介護か施設介護かいずれかを見据えて証拠を残しておく

 

もしご家族で交通事故にお遭いになられた方で、遷延性意識障害のような症状を発生しておりましたら、すぐに交通事故に詳しい弁護士にご相談しましょう。

お問合わせ
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena